余韻にひたっています

0
    マーガレットズロース・DODODOデラックスのライブを終えて、家に帰ってきました。・・・今日のライブは素敵だった。うたいなれた「あたらしい絵」で、後ろから押し寄せるホーンセクションの響きと、美しいピアノのビートにふるえて涙をこらえるのがたいへんだった。
    ひとつひとつあげればきりがないけど、とにかくミュージシャンとしての経験値がぐんとあがったようなライブだった。
    どんなに素晴らしいメンバーがそろっても聴いてくれる人がいなければなんにもならない。今日来てくれたみなさん、ほんとにありがとう!
    眠って、起きたらこんどはタワーレコードのインストア。だけどもうちょっと余韻にひたらせてもらいます。素晴らしい音楽体験に感謝。

    明日15時からのタワーレコード新宿店でのインストアライブに、渡辺勝氏の参加が急遽決定しました!膝にのせたメロディオンを、腰を丸めて吹く勝さんの姿は、きっと渋谷の女子高生も「カーワーイーイー」ということ間違いなし。タワレコでCDを買って、石鹸DVDをもらおう!

    ロックの師匠

    0
      いままでさんざんおすすめしてきたけど、明日のライブはほんとにおすすめです。
      翌日がタワーレコード新宿店のインストアライブなので、お客さんからすれば土曜日の無料で近場のライブの方が行きやすいかも知れない。もちろんインストアライブにもたくさん観に来て欲しい!だけどなかなか次のライブよりも先のことは考えられないもので、インストアも明後日なのにもかかわらず、いまはまるでそのことは考えられません。その次はさらに浜松でアコースティックでやる初めてのワンマンライブもあるというのに・・・!とにかくあしたのライブを観に来て欲しい気持ちで今はいっぱいです。次はいつDODODOデラックスをやれるかわからないんだから。
      DODODOデラックスは総勢7名。さらにゲストでラップスティールギターの安宅こうじ氏が加わる曲もあるので、大変な大所帯。メンバー紹介だけで1曲ぶんくらい。そのなかでも一際怪しい雰囲気を漂わせている、我らのロックの師匠、渡辺勝氏についてすこし。
      勝さんの演奏は常に変幻自在。リハーサルでやっていたことはまず二度とやらない。なのでほとんどリハーサルの意味はないの。あの風貌でがんがん鍵盤を叩くので、なかなか音を下げてくださいとは頼めないし。ほんとに一緒にバンドをやるのは難しい人なんだけど、どうしてもここ一番の大事なライブでは参加してもらっている。勝さんはたいていのミュージシャンがたどる道とは違うところを突き進んでいるように見える。きっちりとした、聴きやすい音楽になんかいままで一度も興味をもったことがないんだろう。だから勝さんに「DODODO」を聴いてもらうとき、すこしこわかった。ぼくらとしては精一杯、雑音をとりのぞいて丁寧に丁寧につくったアルバムだったから。「なんだ、つまんなくなっちゃった」なんてがっかりされないか心配だったんだ。だってほかのミュージシャンの事を「みんな丁寧にやろうとしてどんどん先細りしていく」なんていってるし。だけど、勝さんはそんなマーガレットズロースのお化粧した部分なんてぜんぜん聴こえていないみたいだった。まだまだ雑にすら聴こえたのかもしれない。つまり、勝さんとはもともとものすごく丁寧にもできる人なのであって、ぼくらのようにやりたくてもできないミュージシャンとはそもそも違うのではないだろうか。あえてきれいにおさまらない人の気持ちは、がんばってもなかなかきれいにやれないぼくらにはわからないかもしれない。だけど、ぼくらは勝さんの音楽を愛してやまない。これは不思議だけど事実で、ぼくらは勝手に師匠と呼んでいるわけだ。
      あしたのライブで勝さんがどんな演奏をするのかわからない。そんなことでいいのかなーとも思うけど、ほんとはそういうのが音楽のおもしろさだとも思う。いま、どんどん演奏力が上がっていると自分では思っているマーガレットズロースだからこそ、そんな勝さんの自由さを焼き付けておきたい。


      おかしなところで練習!

      0
        昨日はズロースアコースティックとズロースデラックスの練習をした。

        今日はズロースアコースティックの練習をなんとカラオケ屋でやったのだ。
        思えば3人がそろってカラオケ屋にいるなんてことは、学生時代に1度きりあったぐらいで、まず考えられないことなのだ。

        ついでなので、友達のバンド"うきぐも"の恋色をヘビーローテーションしてきました。(15回は流したかな・・・)

        誰かが、一曲ぐらい歌うか!?とか言い出すかと思ったけど、なんかみんな遠慮して結局ズロースの曲を練習しただけでした。

        最近のカラオケは消費カロリーなんて出るんだね!
        マイクの穴にベースをぶっさしてたから、ベースの消費カロリーが出てました

        アコースティックズロースはかなりかっこいいぞ!

        マーガレットズロース・デラックス

        0
          本日は8時間もスタジオにはいっていました。
          昼はマガズロ・アコースティックの練習。編成は平井正也(ボーカル、アコースティック・ギター、ウクレレ、ベース)岡野大輔(ボーカル、ベース、アコースティック・ギター)粕谷裕一(ボーカル、カホン、ボンゴ、タンバリン、鈴など)と言う感じ。関東でマガズロ・アコースティックが見られるのは今度の横浜編だけですよ!オープニングに登場するのでお見逃しなく。

          夜はホーンセクションとピアノの渡辺勝さんを加えてマーガレットズロース・デラックスの練習。いやー・・・NATSUMENの加藤雄一郎氏とKAKKI氏のソロかっこよかった!せっかくの機会なので「DODODO」の参加曲だけでなく、いままでホーンを入れてみたいと思っていた「あの」曲にも加わってもらい、すごくセクシーに生まれ変わっちゃいました。もちろん、石鹸やあたらしい絵なども最高!
          今回の編成はCDのアレンジに近づけるため、というのはもちろんあるんだけど、ただCD通りにやっても、生だと不思議とうるさいと感じたりもする。3人だけでやる時、精一杯やっているところもそのまま精一杯やるとやりすぎだと感じたり。そんなわけでどうやって気持ちをいれて、力をいれずにやるかを体得しようと練習しました。それを感じた瞬間ってすごい気持ちよさ!きっとこの先3人で演奏するときにもとても役に立つ感じなんだろうな。

          リハーサルのあと、風太さんとハンバートハンバートPAの加納さん、マネージャーのあまねさんがスタジオに来て7/7本番の打ち合わせを。リハーサルに来るというので練習を見にくるのかと思ったら、ただ当日のステージをどう作るかという話し合いでした。そういうことは普段のライブではお店のひとまかせで、頭を働かせたことがなかったのですが、なるほど。これがプロの仕事だと思いましたよ。

          ところでバンド名はマーガレットズロース・デラックスでいいのだろうか?
          「マーガレットズロース・DODODODデラックス」かな?






          ぐるりインタビュー

          0
            今日は下北沢でコーヒー1杯分の情報マガジン「ぐるり」のインタビューを受けてきました。インタビューといっても終始ビールを飲みながら、雑談といった雰囲気でした。紙面に載せられないような話も飛び交い、とてもたのしいインタビューでした。おんなじCDのはなしでも、聞き手によって随分違うものですね。今回はハンバートハンバートがらみの裏話があったり、ぼく一人だったのでメンバーのことを勝手に話したりしました。
            インタビューの後、ビレッジプレスの五十嵐さんと一緒にふらっとラ・カーニャによると、カウンターに福岡風太さんがいらっしゃいました。大阪の春一番コンサートをつくっている風太さん。いままで何度かお会いしたことはあったのですが、じっくり話をしたのははじめて。風太さんはいろいろな人に「CD聴いてください」といって音源を渡されるらしいけど、そんなの一個も聴いたことないっていってました。そんな風太さんのつくるライブは、なんというか風太さんの大好きな、よく知っている人ばかりでるので、人によっては同窓会みたいに見えるかもしれないけど、どんなに有名でお客さんをたくさん呼ぶ人でも自分がおもしろくないと思ったら絶対に出さないところがいいなぁと思います。ぼくのおやじとおなじくらいの歳ですが、まるっきり子供みたいなきらきらした目をしていました。儲かろうが損しろうが、おれはおれがおもしろいと思うことしかやらん!という人生をおくってきた目です。
            いままでマーガレットズロースも春一番にでたいなーと思っていましたが、このイベントだけは特別だと思っていたので、そのうち縁があれば出られるだろうとのんびり考えていました。今日はその第一歩を踏み出せた気がします。
            奇遇なことにいま風太さんはハンバートハンバートとチームを組んで舞台監督をしているそうです。なぜかあしたのマーガレットズロースのリハーサルにも来てくれるというのですが、どうなることやら、すこしおっかないような、楽しみなような気分です。

            Old,your blues!

            0
              粕谷が骨折したときとか、アコースティックソロとか、過去に何度か人前で歌ったことはあったが、自作の作詞作曲を収録して発売したのが初めてであればそれをバンドで歌うのも初めてであった。マーガレットズロース・ライブのときはまさやが歌うべきということで、当初はライブでオールドユアーブルースをやる際は、まさやが歌っていたが、かすやが気持ちよさそうにタクシーブルースを歌うにつれて、そういった(自分の曲を自分で歌うという)流れが次第に強まっていった。そして、ついにカントリーキッチンくるみでどどどギターボーカル・デビューが決定したわけである。

              そして・・・

              結論から言うと・・・


              つぎのどどどツアーは?

              0
                7月7日、横浜サムズアップでハンバートハンバートとのデラックス2マンライブですよ!
                みなさんハンバートハンバートの曲が流れるCM、もう聴きましたか?「笑っていいとも」見てたらフツーに流れてましたよ!ナショナルの食器洗い乾燥機のCM。
                作曲はムーンライダースの鈴木慶一さんです!
                なんだかCMのほのぼのとした雰囲気とふたりの声がぴったりで、おもわず食器洗い乾燥機ほしくなっちゃいました〜へけけ!
                そんなハンバートハンバートとのずっこけセッションも予想される?七夕のスペシャル2マンライブ、ぜひ観に来てくださーい!

                『DODODO』の世界をリアルに表現できるのは、ホーンセクション(fromNATSUMEN)と渡辺勝さんが参加する横浜編をおいて他にありませんよ〜。

                ズロースワゴン

                0
                  ツアーに出る度に、ズロースワゴンはどんどん年季が入ってくる。
                  車の前面なんか、虫の死骸だらけなのだ。
                  車の中はみんなのスーツの匂いが充満している
                  俺の屁のにおいも染み付いているかも知れん

                  ツアーを始める前はCDがたっぷり積んであるのに、帰ってくるとツアー先で貰った差し入れやなんかがたっぷり積まれているのだ。

                  基本的に俺はきれい好きなので、車の外観を見ると掃除したくなるんだけど、車の中は暫くそのままにしておこうと思ってる。
                  なんつうか、こういう汚れがきっとツアーの醍醐味なんだよなぁ・・・・


                  live spot WOODY復活

                  0
                    新潟で大好きだったライブハウス、ウッディーがなくなってしまったのは2年前。トイレのにおいがきつかったけど、そんなところにもなんとなく老舗の雰囲気を感じさせる「live spot WOODY」。当時のスタッフの愛情でこのたびめでたく復活となりました。あたらしいウッディーは階段を4階まで登らないといけません。折り返さずにまっすぐ4階までのびる階段は見上げると気が遠くなります。楽器や荷物を持って何往復もしなければならないのは正直閉口ですが、きっとこの階段にもそのうち老舗の風格が出てくることでしょう。しかしオープン2日目にもかかわらず、昔のウッディーを思い出させる部分がところどころ残っていて懐かしい気持ちにすらなりました。今度行くときにまたどうなっているか楽しみです。
                    出演した新潟のバンドもみんなウッディーに思い入れがあるみたいで、気持ちの入ったいいライブを見せてくれました。きっとお客さんも同じ気持ちだったんだろうな。ウッディーがただのあたらしいライブハウスと違うことは間違いありません。
                    9時以降はバンドで音を出せないという事情から、マーガレットズロースは最後はほとんどマイクを使わずにうたいました。お客さんもみんな床に座って、とてもなごんだな〜。だけど終わってからばたばたしてアンケート配れなかったので、きのう来てくれたお客さんでこれを読んでいる人はぜひアンケートのページから感想をお願いします〜!


                    くるみの中でライブ

                    0
                      茅野市のカントリーキッチンくるみは、まばらにたんぼが残るあたらしめの住宅地のなかにぽつんとある。昔はまわりはたんぼしかなかったそうだ。新潟のぼくの実家も昔はたんぼのなかに一軒ぽつんとあって、遠くに見える山なみがすばらしかった。よく屋根のうえでアイスを食いながら眺めたもんだ。たんぼのうえを風が吹くと、稲がやわらかそうになびいて、まるで自分がたんぼすれすれを飛んでいるようなふわふわした素敵な気分になった。くるみに着くとふとそんなことを思い出した。
                      はりきって3時間もはやく着いてしまったぼくらにくるみのおかあさんがおいしいスパゲッティーとアイスコーヒーをご馳走してくれました。ありがとう、はやく着いてよかった!しかもこの日のくるみのメニューには「どどど丼」や「マーガレットプレート」という特別メニューがくわえられていたのでした!うれしおいしかったな〜(詳しくはカプリコのくいだおれ日記で)
                      最初にくるみ次男の小池コータローくんがうたってくれました。みじかかったけど、そこがどこでも、お客さんが何人でも関係ないような、まっすぐなライブでした。ふとくるみのとても高い三角天井を見上げると、なんだか自分がものすごく小さくなって、ほんとのくるみのなかにはいりこんでこっそりライブをしているような錯覚をしました。いい気持ち。
                      マーガレットズロースは1部アコースティック、2部バンドでたっぷりやらせてもらいました。1部ではひさしぶりに「天才秀才馬鹿」のハワイアンバージョンや数え歌を、2部では岡野がうたう「オールドユアーブルース」をやって、思わず顔がゆるんでしまう楽しいライブだった。(ちなみに1部の入場曲は『アンプラグド』の「ライクアハリケーン」でした)
                      くるみは家族できりもりするお店。お兄さんがPAをしてくれて、弟がうたってくれて、おかあさんがご飯を作ってくれて、おとうさんが髭を伸ばしていました。そんなところも居心地いいです。なにしろ楽屋は家族の居間ですから。犬も猫もいて、猫のチーちゃんはエンケンさんと意気投合して、エンケンさんのあたらしいアルバム『にゃあ!』のブックレットに登場したそうです。家に帰ったらチェックしてみよ。
                      あんまりお客さんは多くなかったんだけど、次にいくのがもう楽しみなくるみでした。来てくれたみなさん、ほんとにありがとう〜!
                      いま新潟に向かっています。今夜も楽しみだな!


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 誰にでもできることを、誰よりもかっこよく
                        ひらい
                      • 誰にでもできることを、誰よりもかっこよく
                        mika
                      • やっぱり歌が好き!
                        ひらい
                      • やっぱり歌が好き!
                        大林 たかし
                      • ぼくがいわきへ行く理由
                        添え状の書き方
                      • いまんとこはまあこんな感じなんだ
                        ひらい
                      • いまんとこはまあこんな感じなんだ
                        ツジヤマガク
                      • 俺たち、マーガレットズロース!!
                        ひらい
                      • 俺たち、マーガレットズロース!!
                        mika
                      • 熊本から愛を込めて!
                        ひらい

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:782 最後に更新した日:2016/12/04

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM