ライブで巡る北仲WHITE

0
    DODODOツアーが終わって、しばらくぼーっとしていました。
    平均睡眠時間12時間くらい?
    そういえば、ライブが終わったら最後には「DODODO」を流す予定だったのに、CDを渡し忘れていたので、また「追憶のハイウェイ61」が流れていたみたい・・・。ぬかったな〜。久しぶりに朝まで打ち上げもしました。渋谷の朝がめずらしくすがすがしく感じたよ。

    そして今日(30日)も昼過ぎにようやく起きたのですが、突然、友部さんのライブに行こう!と思い立ちました。
    建築家や芸術家の人たちだけが部屋を借りることができるという横浜の北仲WHITEという建物。友部さんも倉庫代わりに1室借りているのですが、そこがもうすぐ取り壊されてしまうのです。いま「北仲OPEN!!2006THE SUMMER」というイベントが開催中で、アーティストのアトリエが公開されています。イベントの一環で友部さんがいろんな部屋をうたいながら巡るというおもしろそうな企画があったのです。偶然友達の美術家、安岐理加さんのインスタレーションの展示もされているということで、ライブボケのあたまをしゃっきりさせるためにも出かけようと決めたのです。
    しかし問い合わせてみるともうチケットは売れ切れで、当日キャンセル待ちとのこと。思い切れず、友部さんに電話してみても留守番電話。それでもとりあえず行ってみようと支度をしていたら、友部さんの奥さんのユミさんから電話がかかってきて、「手伝いでつかってあげるからおいで」って。

    ライブはとても素晴らしかったです。4つの部屋を巡ったのですが、どの部屋の展示もおもしろくて、部屋ごとの友部さんの選曲もよかったのです。ぼくは特に3つ目の、ハギレで作った虫の人形がたくさん展示されていた部屋が好きだった。友部さんはあたらしい歌と古い歌のバランスが絶妙です。
    ぼくの手伝いというのは予備のギターを持って運ぶだけで、非常に楽でした。しかし最後に大仕事が待っていたのです。「アンコールで1曲」なんて最初に友部さんに言われていたのですが、結局うちあわせなしで3曲一緒に演奏させてもらいました。「Speak Japanese,American」と「ぼくは君を探しに来たんだ」と「愛はぼくのとっておきの色」です。実はぼくも1曲やったあと「ぼくは君を探しに来たんだ」をやりましょう、というつもりだったので、友部さんからいわれたときはどきどきしました。でもさらにもう1曲やるとは想像していませんでした・・・。まるでマーガレットズロースのリクエスト大会の続きがやってきたようで、弾けるかどうか全然わからないけど、半分やけくそで弾きまくりました!フォークギターでギターソロを弾くのはとてもむずかしいのですが、「ギター、平井正也!」なんて紹介されたらやっぱり燃えます。
    エントランスホールの階段に座って弾いたのですが、きっととてもよく響く場所だったのでしょう。はっきり聴こえないくらいでちょうどよかったのだと思います。

    友部さんの歌を聴いていて、たぶんぼくは友部さんの生活が好きなんだろうなと思いました。歌を聴いていると、歌詞があたまにはいってくるというよりは、友部さんの日常が見えてくる気がします。おいしいものをおいしいといってゆっくり生活している姿が見えるような気がするんです。それは友部さんの歌の中のたった一言を噛み締めるだけでも、充分に広がってきます。それなのに友部さんの歌はどれもそんな言葉でぎっしりうめつくされています。友部さんの音楽は純粋です。おかまいなしです。

    ライブの後、北仲WHITEの友部さんの部屋ですこしビールを飲んで、それから岡野がいたら興奮して写真を撮りそうな強烈なラーメン屋さんに連れて行ってもらいました。席につくなり、「えーっと、瓶ふたつと、とりねぎと、餃子でいいね」といって勝手に注文を決められましたが、どれもおいしかったです。ぼくは「ギャルのアイドル、チンチン麺」を頼みました。すさまじいにんにく味でした。


    コメント
    その強烈なラーメン屋は、桜木町の「三陽」では?
    毛沢東もびっくりとか、書いてあるんですよねー。
    とにかく、おやじさんが強烈なキャラクター!なのです。


    • トカチ
    • 2006/08/01 3:10 PM
    まさに、SANYO!
    楊貴妃も腰抜かす、ギャルのアイドルチンチン麺。
    ・・・ぜんぜんいみがわかりません。
    他にも、「歌はチューブがよい。またスイッチもよい」とか
    書いてありました。
    翌日腹こわしましたが、またいきたいです。
    • ひらい
    • 2006/08/01 10:36 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 誰にでもできることを、誰よりもかっこよく
      ひらい
    • 誰にでもできることを、誰よりもかっこよく
      mika
    • やっぱり歌が好き!
      ひらい
    • やっぱり歌が好き!
      大林 たかし
    • ぼくがいわきへ行く理由
      添え状の書き方
    • いまんとこはまあこんな感じなんだ
      ひらい
    • いまんとこはまあこんな感じなんだ
      ツジヤマガク
    • 俺たち、マーガレットズロース!!
      ひらい
    • 俺たち、マーガレットズロース!!
      mika
    • 熊本から愛を込めて!
      ひらい

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:782 最後に更新した日:2016/12/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM