高橋柚一郎シール

0
    2015.9.14

    佐世保から別府に帰ってくると昼時。
    “B”のジャケットが届いていた。
    A4サイズの厚めの光沢紙に
    Bの刺繍が入ったぼくのボーダーシャツ。
    本物は何度も洗濯してゴワゴワなのに、新品になって300枚に増えたようだった。
    いい仕上がりでうれしくて、早速折りたたみはじめたけど、台所でじんたがツアーから帰ったぼくと一緒にごはんを食べようと待っていた。

    なかなかぼくが来ないのでべそかきながらちまきを食べていた。
    涙とちまき。
    すまない気持ち、いとおしさ。


    ぼくはライブと睡眠不足、運転疲れで体がこわばっているのを感じていつもの朝見温泉へ。

    じんたはまだ行かないというのでひとりでのんびり湯に使って、きのうのセッションのことを考えていたら
    高橋柚一郎くんのことを思い出していた。

    今年の2月、彼の両親の営む宿で一緒にライブした次の日、ふたりで黒磯にカレーを食べに行ったり、コーヒーを飲んだりした。

    家に帰ってからふたりで一曲作ろうと持ちかけると、柚一郎くんが曲の大事な部分のコード進行を作ってくれた。

    そのあと歌詞とメロディーをつけてできたのが「1996」という歌なのだ。

    それなのに歌詞カードに柚一郎くんの名前を入れ忘れていたぞ。えらいこっちゃ。胸がきゅうっとなった。

    ゆみこと相談して、印刷した歌詞カードの上に小さな「高橋柚一郎シール」を貼ることに。
    変に目立って余計に失礼かもしれないけど、柚一郎くん、どうか勘弁してください。

    こうしてひと手間加えてジャケは出来上がったが、肝心のミックスがまだあがってこない。
    時間的に、次に届いたミックスが最終ミックスになる。
    ぼくのイメージは伝わっているはず。信じて待つ。

    しかし「夢の中で鳴っているような感じでお願いします」とか、我ながら具体的とは言えない表現も多用しつつ、感想をつたえたので、多少の不安も…

    深夜0時をまわってから、次々にファイルが届く、、
    どれもいい感じ!
    すべてのファイルが届いたのは3時過ぎ、7曲すべて、申し分ない仕上がり。

    松本さん、おつかれさまでしたー!


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 誰にでもできることを、誰よりもかっこよく
      ひらい
    • 誰にでもできることを、誰よりもかっこよく
      mika
    • やっぱり歌が好き!
      ひらい
    • やっぱり歌が好き!
      大林 たかし
    • ぼくがいわきへ行く理由
      添え状の書き方
    • いまんとこはまあこんな感じなんだ
      ひらい
    • いまんとこはまあこんな感じなんだ
      ツジヤマガク
    • 俺たち、マーガレットズロース!!
      ひらい
    • 俺たち、マーガレットズロース!!
      mika
    • 熊本から愛を込めて!
      ひらい

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:782 最後に更新した日:2016/12/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM